マンスリーマンション


長崎は幕末より国際貿易の港町として発展を遂げた。海外からの文化が多く入り西洋風の文化が広まっていった。長崎ちゃんぽん、カステラ、最近では佐世保バーガーなどが有名です。 そんな長崎に当社では各路線近くにマンスリーマンションを設けています。お住まいを希望される場所を"地域"、"地図"、"路線"からご希望に有ったマンスリーマンションをご確認下さい。

長崎県のお得なマンスリーマンションの情報を掲載中!



ポケットマンスリー

長崎,佐世保,諫早の新着特選マンスリーマンション情報!!

物件情報は随時更新中!
ミスタービジネスの長崎県のマンスリーマンションにはテレビ・冷蔵庫からつま楊枝まで家具・家電付で生活備品全般を完備しています。マンスリーマンションはホテルにはない、ゆったりとした快適さで出張生活ができます。
マンスリーマンションの検索ならミスタービジネス

マンスリーマンションを地域から選択

マンスリーマンションを地図から検索

マンスリーマンションを沿線から選択

長崎県のマンスリーマンション取扱店情報

長崎県のウィークリー、ビジネスホテル、旅館、ペンション情報

 
長崎では只今マンスリー物件を募集中!!
詳しくは下記電話番号まで!
ミスタービジネスではマンスリー試泊説明会とビジネスセミナーを定期的に開催しております。
全国のネットワークから続々の成功事例やノウハウが満載。
システム、物件見学、キャッシュフローから法律まで、全てのノウハウを大公開。詳しくは下記電話番号まで!
フリーダイヤル:0120-302-190
こちらから資料が今すぐダウンロードできます

出張・転勤・社宅代行・リロケーション・中・長期滞在ならミスタービジネス

長崎のタウン情報

平和公園

1945年8月9日に投下された原爆落下中心地(爆心地)で北側の丘の上に平和を祈って作られました。入場無料。
平和祈念像の正面には平和の泉(へいわのいずみ)があり、周囲には世界各国から贈られた平和を象徴する15個のモニュメントが設置されています。
公園の中央には北村西望(きたむらせいぼう)作の平和祈念像がある。この像は神の愛と仏の慈悲を象徴し、高く掲げた右手は原爆の脅威を、水平に伸ばした左手は平和を意味しており、かるく閉じた目は原爆犠牲者の冥福を祈っています。
原爆投下時、この地にあった長崎刑務所浦上刑務支所の基礎部分の発掘遺構も残っていて、 毎年8月9日の長崎原爆の日には、原爆犠牲者慰霊平和祈念式典が開催される事が行事となっています。

大浦天主堂

大浦天主堂の天主とはキリスト教の神の意味であり、長崎県長崎市にあるキリスト教(カトリック教会)の教会堂で、国宝に指定された唯一の洋風建築でもあります。

七ツ釜鍾乳洞【西海市】

七ツ釜鍾乳洞は長崎県西海市西海町中浦北郷にある複数の鍾乳洞の総称。昭和3年8月に発見され昭和4年7月に長崎県史跡名勝へ指定されます。その後の昭和11年12月に国の天然記念物に指定されます。
複雑に広がった洞内は、全長1500m以上あると推定されていますが最奥部は確認出来ていません。そのうち約250m(自然遊歩道と合わせて550m)あり観光洞として整備され一般に公開されています。時間にすると約25分間になります。
地質は石灰質砂岩。石灰藻や二枚貝の化石を多く含んでいることから、海底が隆起し、その後、浸蝕作用で石灰質が堆積したとみられます。

出島

出島とは、1634年江戸幕府の鎖国政策の一環として長崎に築造された人工島の事です。形は扇型をしており面積は約1.3haで1641年〜1859年まで対オランダ貿易が行われていました。
出島は1634年から2年の歳月をかけてポルトガル人を収容する目的で幕府が長崎の町衆に命じて作らせた島で、築造費用はひとまず長崎の町衆が持ったが、のちオランダ人であるポルトガル人は土地使用料を町衆に毎年支払う形式となっていました。

ハウステンボス

ハウステンボスは、長崎県佐世保市佐世保町1-1にある、オランダの街並みを忠実に再現して作られたテーマパークで、日本一の面積を誇るテーマパークです。ディズニーランドとディズニーシーを足した規模とほぼ同等の152万u。約東京ドームの30倍という莫大な面積を持つテーマパークです。
現在はオランダのみならず、ヨーロッパもテーマにしていてたびたびドラマ・映画・CMなどのロケ地としても使われています。

ちゃんぽん、さらうどん

長崎県長崎市を発祥とする郷土料理では中華料理をベースとしたちゃんぽん、さらうどんがあります。
ちゃんぽんは豚肉、野菜、魚介類、など十数種の具材をラードで炒め、豚骨と鶏がらで取ったスープを加えて味を調え、そこにちゃんぽん用の中華麺を入れて煮立て、器に盛る具沢山の麺料理である。
さらうどんは、しばしばうどんの一種と誤認される事が多いが、実際は焼きそばに似たものとなっています。
麺は油で揚げた細麺と、中華めんを焼く、主に二種類あります。店によっては専用の太麺・中くらいの太さの麺を用いたりする事もあります。
ちゃんぽんの応用としてちゃんぽん発祥の四海楼が始めたものはちゃんぽん麺である太麺だが、その後堅焼きそばが伝わり、長崎で発展したのち同じように皿うどんと呼ばれるようになったといわれています。しかし、注文の際何も言わなければ細麺が出てくる店があることから、観光客や長崎以外の地域の人には細麺の方が一般的と思われ、太麺は地元以外ではあまり知られておらず地元でも太麺派と細麺派に大きく分かれる事が特徴です。

精霊流し

長崎では「しょうろうながし」というなで親しまれ、初盆の家では大型の精霊船を作り大人が数人がかりで担ぎ、銅鑼や爆竹を鳴らしながら流し場まで運ぶ事が行事となっています。また、銅鑼に合わせて「ドーイドイ」という掛け声をあげながら進む。近年では精霊船は故人だけでなく、ペットなどのために家族で担げる小型のものも多く作られるようになる。初盆でなくても毎年、わらを束ねた小さなこもに花や果物を包み、流し場に持っていく。以前は実際に海へと流されていたと言うが、現代では環境問題などから海に流すことはしないで、精霊船もあえて水に浮かぶような構造にはしていません。また、他の地域とは異なり爆竹を鳴らす等、中国からの影響が色濃くでているものとされている。爆竹の騒音が酷く、多くの人は耳栓をしています。


counter