マンスリーマンションのメリット・デメリット

https://www.mrb.co.jp/

最低限の荷物で、手軽に新しい場所での生活をスタートさせることができるのが、マンスリーマンションの大きな魅力の1つです。
ここでは、そんなマンスリーマンションならではのメリットとデメリットをご紹介します。

マンスリーマンションのメリット

1、短期契約が可能。必要な期間のみ、無駄なく利用できる

通常、賃貸マンションは2年契約である場合がほとんどです。
一方、マンスリーマンションは、1ヶ月以上であれば必要な期間だけ部屋を借りることができます。
数ヶ月間のみの短期契約でのご利用も可能です。
期間が限定されたワーケーション時の拠点として、テレワーク時の仕事場としてなど、ライフスタイルに合わせて無駄なく柔軟にご利用いただけます。

2、家具や家電は設置済み。最小限の荷物ですぐ入居できる

当社で取り扱っているマンスリーマンションには、
ベッドやテーブルなどの家具のほか、テレビ、冷蔵庫、洗濯機といった家電など、生活に必要な備品があらかじめ用意されています。
家具や家電を運び入れたり、新たに揃える必要はありません。
着替えやバス用品など最低限の荷物のみで、身軽に入居できます。

3、ライフラインのお手続き不要。すぐにいつもどおり生活できる

電気・ガス・水道といったライフラインは、入居の時点で使える状態となっております。
お客様ご自身で契約のお手続きをしていただく必要はございません。
ガスの開栓を待つ必要もなく、入居初日からいつもどおりの生活をスタートさせることができます。
また、退去時もライフラインの解約手続きは不要です。
ライフラインの契約や解約に関わる負担がないので、入居の際も退去の際も手間なくスムーズに引っ越し作業を進めていただけます。

4、敷金・礼金は不要。引っ越しの初期費用を抑えられる

通常、賃貸物件を借りる際には、家賃のほかに敷金や礼金などが必要となり、初期費用が高額となることが多いです。
しかし当社で取り扱っているマンスリーマンションをご利用いただく際は、敷金や礼金をご用意いただく必要はございません。
くわえて、家具や家電などを新たに揃える必要がないので、引っ越しの際の初期費用は通常の2年契約のマンションご利用時よりリーズナブルです。
お気軽にご利用いただけます。

マンスリーマンションのデメリット

1、長期で住む場合、家賃が割高になることがある

マンスリーマンションは、短期契約が可能であるという特性上、
1ヶ月あたりの家賃は2年契約のマンションに比べ、やや高めに設定されています。
長期に渡りご利用いただいた場合には、2年契約のマンションご利用時より、トータルでお支払いいただく家賃は高くなることが多いです。

しかし、初期費用を抑えてご利用いただけるので、短期のご入居であればコストパフォーマンスに優れていると言えます。

2、通常契約のマンションより、物件数が少ない

マンスリーマンションの物件数は、通常の2年契約の物件数に比べると少ないです。
そのため、希望の立地や条件に沿う物件を探すことがやや困難であると言えます。

日本で最初にマンスリーマンション事業をはじめたミスタービジネスは、都市部から地方まで、幅広いネットワークを持っております。
全国各地、様々な立地のお部屋をご紹介可能です。
また当社では、ご希望通りのマンスリーマンションをお作りする「オーダーマンスリー」というサービスをご提供しております。
ご希望にかなう立地や条件のマンスリーマンションが見つからない場合にも、ぜひご相談ください。
お客様のご希望に沿うマンスリーマンションをオーダーにてご用意し、お客様の理想の暮らしをサポートいたします。