ビジネスホテルとマンスリーマンションの比較

https://www.mrb.co.jp/

一時的な滞在先を確保したいと思った時、ビジネスホテルを利用した方が良いのか、
それともマンスリーマンションを利用した方が良いのかと、迷う方は多いと思います。

ビジネスホテルとマンスリーマンションにはそれぞれ特徴があり、適した用途があります。

ここでは、ビジネスホテルとマンスリーマンション、それぞれの特徴と具体的な違いを比較しながらご紹介します。

ビジネスホテルの特徴

◆料金体系

ビジネスホテルは、基本的に1泊単位で宿泊費が発生します。最終的に支払うのは、滞在した日数分の宿泊費です。

◆設備やサービス

掃除機や洗濯機などの生活家電は部屋に備え付けられていません。
室内の清掃やベッドメイキングなどはホテルスタッフが行い、
洗濯は所定の場所にあるコインランドリーなどを利用することが一般的です。
キッチンもないため、食事はお弁当やテイクアウト、もしくは外食やホテルのルームサービスなどを利用することとなります。

部屋の広さは寝泊まりができる程度である場合が多く、活動のために使えるスペースは限られます。

マンスリーマンションの特徴

◆料金体系

マンスリーマンションは、最低でも1ヶ月分の家賃と清掃費などが発生します。
利用開始から1ヶ月以上経ち、月の途中で利用を止めたいといった場合は、日割りで計算した利用日数分の家賃を併せて支払います。

◆設備やサービス

生活に必要な家電はひととおり部屋に備え付けられています。
炊事を行うのに十分な広さのキッチンや冷蔵庫もあり、自炊が可能です。
自室内で洗濯もできます。ただし、スタッフによる室内の清掃やルームサービスなどはありません。

部屋の広さは、睡眠や食事などの生活を営むために必要なスペース以上が確保されています。

費用面での比較

数日から1週間程度の滞在であれば、
マンスリーマンションよりビジネスホテルの方が、実際の支払額は少なくなることが多いです。
しかしながら、ビジネスホテルを1ヶ月利用した場合とマンスリーマンションの1ヶ月分の家賃を比べると、
マンスリーマンションの方がかなり安価です。

ビジネスホテルの宿泊費は地域や時期、利用するホテルのグレードなどにより様々ですが、
目安としては2週間以上滞在するのであれば、
マンスリーマンションを利用した方が滞在にかかる費用を抑えることができます。

設備やサービスでの比較

ビジネスホテルは、手軽に快適な生活を送ることができます。
しかしながら、コインランドリーやルームサービスなどの利用可能時間、飲食店の営業時間などを気に掛ける必要があり、ある程度時間の制限が発生します。
また、生活を送る上で最低限の広さであることが多く、趣味などのために使えるスペースは限られています。

マンスリーマンションは、時間の制限などは少なく、自身のペースで生活を送ることができます。
また部屋の広さに余裕があり、趣味のためなど、自由に使えるスペースが多くあります。
ただし、室内の清掃など身の回りのことは自身で行う必要があります。

滞在期間や望む生活によって使い分けることがおすすめです

上記でお伝えしたほかにも、ビジネスホテルは防犯の観点から門限を設けていることが多く、
マンスリーマンションは時間に縛られず自由に出入りが可能であるという違いがあります。

ビジネスホテルとマンスリーマンションは、その特徴から、それぞれ以下のようなシーンでの利用がおすすめです。

<ビジネスホテルの利用はこんな時におすすめ>

  • 数日から1週間程度のごく短期の滞在時
  • 清掃や調理などの手間をかけたくないという時
  • 不明点などがあった際、すぐにスタッフに対応してほしいという時

<マンスリーマンションの利用はこんな時におすすめ>

  • 2週間以上の滞在時
  • 自宅で過ごすように自由な生活を送りたい時
  • 趣味活動などのために、十分なスペースを確保したい時
  • 仕事の都合などで帰宅時間の予測が難しい時

マンスリーマンションは、利用時の自由度の高さが特長の1つです。
滞在期間や用途、希望する生活の仕方に合わせ、フレキシブルにご利用ください。