マンスリーマンション


山口の名産は下関のフグが有名で、フグは県魚に指定されています。また、歴史上の舞台になった場所が多く残り、宮本武蔵と佐々木小次郎が決闘をした巌流島も観光地になっている。 そんな山口に当社では各路線近くにマンスリーマンションを設けています。お住まいを希望される場所を"地域"、"地図"、"路線"からご希望に有ったマンスリーマンションをご確認下さい。

山口県のお得なマンスリーマンションの情報を掲載中!



ポケットマンスリー

山口,宇部,下関,周南,防府,小郡の新着特選マンスリーマンション情報!!

物件情報は随時更新中!
ミスタービジネスの山口県のマンスリーマンションにはテレビ・冷蔵庫からつま楊枝まで家具・家電付で生活備品全般を完備しています。マンスリーマンションはホテルにはない、ゆったりとした快適さで出張生活ができます。
マンスリーマンションの検索ならミスタービジネス

マンスリーマンションを地域から選択

マンスリーマンションを地図から検索

マンスリーマンションを沿線から選択

山口県のマンスリーマンション取扱店情報

山口県のウィークリー、ビジネスホテル、旅館、ペンション情報

 
山口では只今マンスリー物件を募集中!!
詳しくは下記電話番号まで!
ミスタービジネスではマンスリー試泊説明会とビジネスセミナーを定期的に開催しております。
全国のネットワークから続々の成功事例やノウハウが満載。
システム、物件見学、キャッシュフローから法律まで、全てのノウハウを大公開。詳しくは下記電話番号まで!
フリーダイヤル:0120-302-190
こちらから資料が今すぐダウンロードできます

出張・転勤・社宅代行・リロケーション・中・長期滞在ならミスタービジネス

山口のタウン情報

概要

山口県の人口は約人口283,600人(男131,808/女151,792)で山口県面積は6,111.17平方kmで全国第23位。世帯数は世帯数 130,885世(2011年7月末現在) 県庁所在地は山口市で、中国地方を構成する県(中国五県)の一つで、県土の大半は山陽地方に含まれ、長門市・北部の萩市が山陰地方の西端に当たるとされる。
県西部を中心に経済面などで北九州地域とのつながりも深い。 県東部は広島県地域とのつながりが密接である。
周防国と長門国は後に毛利氏によって統治され、江戸時代にはあわせて長州藩と称していたことから、長州と呼ばれることもあり、令制国の周防国と長門国に相当するので、防長という別名を持つ。
下関市は県魚に指定されており、ふくフグは日本一の市場取扱量を占めますが水揚げ量のうちの約6割が大阪で消費されています。地元や周辺地域では、主に取扱業者やマスコミなどが、フグが「不遇」につながり、フクが「福」につながる為とされているために縁起を担ぐ意味でフグとは呼ばず「フク」と呼ぶが、日常会話で「フク」ということは少ない。

地理

東側を除く三方を海に囲まれ、その中央部を中国山地が横断している。中国山地に水源を発する河川がいくつか存在しますが、河口付近を除けば海沿いに平地は多くなく(特に日本海側)、内陸部の川沿いを中心に盆地が点在しています。

気候

全体的には太平洋側気候となっていますが、日本海側から内陸部にかけては日本海側式気候で冬の間の降水量、曇りの日が多く雪も見られます。特に内陸部の阿東町などは県内でも有数の積雪があり、日本海側なので波が高く、海がしける事も少なくない。
冬でも中国山地に季節風が抑えられるので、日本海側と比べて曇りの日は少なく、晴れる日も多い。積雪も一冬に数回程度である。日本海側に対し、内海の瀬戸内海側では波は穏やかである。
瀬戸内海側は瀬戸内海式気候で、一年を通して雨が少なくて比較的温暖な気候が特徴である。関門海峡周辺の下関市、宇部市などでは日本海側気候と瀬戸内海式気候との境界にあたり二面性を持つ気候でもあります。冬は周防灘側でも曇りがちの天気になりやすく、時雨や雪を降らせる事もあるのだが、周防灘は穏やかで荒れる事は少ない。

名所・旧跡・観光スポット

年間観光客数は約612万4000人(下関市HP引用)で、下関市が最も多く、次いで岩国市、山口市、萩市と続く。県内には、他にも観光地として名高い所が多く、下関の巌流島や、唐戸地区(唐戸市場、海響館、旧英国領事館など)、火の山、海峡ゆめタワー、東行庵、湯谷温泉などが広くしられています。

産業

山陽地方に当たる瀬戸内海側は、重化学コンビナートを中心とした工業と、高速道路網などを生かした流通業などが発展しており、瀬戸内工業地域の一角を成す。またその一方で、山陰地方に当たる日本海側は、農業・漁業などの第一次産業と観光業などのサービス産業が中心になっています。現在は閉山しているが、かつては美祢の大嶺炭鉱で無煙炭が採掘されていました。重化学工業では、宇部・山陽小野田などの西部では美祢からの石灰石を原材料としたセメントの製造が、徳山・岩国などの東部では石油精製コンビナートで、ソーダなど化学製品の企業が集中しています。

秋吉台

国内最大のカルスト台地で知られ、景清洞や秋芳洞など周辺の観光洞窟です。
また天然記念物の岩国のシロヘビがとれる事でも知られる。
また観光でも楽しめる場所はサビエル記念聖堂、岩国の錦帯橋、岩国城、山口の瑠璃光寺五重塔、常栄寺雪舟庭、湯田温泉、萩の萩城趾と城下町、松陰神社などもあります。

山口県と政治家

山口県は旧長州藩の版図が大半であるためか、「大臣、大将を目指せ」という教育を施すような風土を持ち、保守・革新を問わず政治色が強い土地柄となっている事が特徴的です。
大日本帝国憲法と日本国憲法の両方の時代を通じて、内閣総理大臣を日本一多く輩出してきた県で8人が首相に就任しています。
戦後の総理大臣を務めた岸信介、田布施出身佐藤栄作の兄弟、元参議院議長の徳永正利、元参議院議長の重宗雄三、野坂参三元日本共産党議長、宮本顕治元日本共産党議長、元文部大臣・元通産大臣の田中龍夫、岸信介後継者で元自治大臣の吹田ナ、元厚生大臣・元大蔵大臣の林義郎、元文部科学大臣の河村建夫、首相候補と言われたが志半ばで倒れた元外務大臣の安倍晋太郎、自民党総裁選挙に立候補した元外務大臣・元法務大臣の高村正彦、佐藤栄作次男で元通産大臣・元運輸大臣の佐藤信二、安倍晋太郎次男で内閣総理大臣の安倍晋三など、有力政治家を多く輩出している。山口県が「政治県」であるといわれる所以でもあります。

地域圏

地形は、県中央部が山地で沿岸・山あいに小規模な平野や盆地が分散している事が特徴で、海岸線は臨海工業が立地しており、それぞれの工場地区ごとに労働力を引き寄せました。
また、幹線道路である国道2号も海岸線沿いに走っているため、物流・内陸工業の面でも労働力を引き寄せました。このような産業構造と分布をしているため、内陸部で県庁所在地の山口市に一極集中せず、人口・情報・物流・資本が分散していて、地域圏も細分している。結果として小規模な都市圏がいくつも連なり、プライメイトシティが存在せず、東の広島都市圏と西の北九州都市圏との影響を大きく受ける状況となります。
従来までの圏域は7地域ないし9地域に分けられてきましたが、2011年現在は県によって8つの広域都市圏に区分されています。長門広域都市圏と下関広域都市圏は、広域都市圏内で合併が進み圏内1市となりました。


counter