マンスリーマンション


堺市では資源を生かし、産業、運輸、民生において、産業構造の転換、都市構造の変革、環境文化の創造を図り、「住みやすさ」と「街の活気」が持続する『クールシティ・堺』を目指しています。 そんな堺に当社では各路線近くにマンスリーマンションを設けています。お住まいを希望される場所を"地域"、"地図"、"路線"からご希望に有ったマンスリーマンションをご確認下さい。

堺,高石,泉大津,泉佐野,岸和田,境区,堺市北区の新着特選マンスリーマンション情報!!

物件情報は随時更新中!
ミスタービジネスの堺を始めとする大阪府のマンスリーマンションにはテレビ・冷蔵庫からつま楊枝まで家具・家電付で生活備品全般を完備しています。マンスリーマンションはホテルにはない、ゆったりとした快適さで出張生活ができます。
マンスリーマンションの検索ならミスタービジネス
    新着物件はありません。

マンスリーマンションを地域から選択

マンスリーマンションを地図から検索

マンスリーマンションを沿線から選択

大阪府のマンスリーマンション取扱店情報

大阪府のウィークリー、ビジネスホテル、旅館、ペンション情報

 

出張・転勤・社宅代行・リロケーション・中・長期滞在ならミスタービジネス

堺市のタウン情報

堺市のタウン情報

近畿地方の中部、大阪府では中南部に位置するのが堺市である。
大阪府の中での人口、面積共に第2の都市にあたります。2006年4月1日付大阪府の中南部に位置する堺市が、日本では15番目、近畿地方では4番目、大阪府としても大阪市の次いで2番目の政令指定都市になりました。
また大阪市のベッドタウンとなっているため昼間の人口よりも夜間人口の方が多くなっております。



堺の名物

最初に紹介するのは日本三大祭りでもある「だんじり」または「だんぢり」祭りです。
だんぢり祭りは、山車(だし)を引っ張り町を歩く祭りです。また「楽車」・「壇尻」・「台尻」・「段尻」と表示されることもあります。
だんぢり祭りは西日本の祭礼で行われる事が多く、使われるものは2種類あり、「曳きだんぢり」と「担ぎだんぢり」があります。
最近はメディア等の影響により大阪府岸和田市の祭りの岸和田だんぢり祭りがメジャーになってきているため岸和田だんぢり祭りを地車と呼ぶこともある。



大仙陵古墳

大仙陵古墳または大仙古墳、大山古墳は、日本最大規模の前方後円墳である。大阪府堺市堺区大仙町に存在しており、宮内庁により日本の第16代天皇の仁徳天皇の陵墓として管理されています。陵号は百舌鳥耳原中陵(もずのみみはらのなかのみささぎ)。
仁徳天皇陵(にんとくてんのうりょう)や仁徳陵古墳(にんとくりょうこふん)と呼ばれることが一般的に広まっています。
この陵墓は、エジプトのクフ王のピラミッド、中国の秦の始皇帝陵に並んで世界三大陵墓の一つとされています。



治定について

「記紀」「延喜式」の記述によると、仁徳天皇・反正天皇・履中天皇の3陵が百舌鳥の地には築造されたことになっている。
だが、それぞれ3陵として現在宮内庁が治定している古墳として考古学的に考えられているのは履中天皇陵(上石津ミサンザイ古墳)→仁徳天皇陵(大仙陵古墳)→反正天皇陵(田出井山古墳)の順番で造られたと想定されているため、大きな食い違いが生じている。
このことによって、百舌鳥の巨大古墳で最も古く位置づけられる伝履中天皇陵を伝仁徳天皇陵だと考える説もある。しかし、この場合は「延喜式」の記述と大きく食い違うことになる。



水泳

臨海工業地帯が造成される前に堺市は海水浴場が4か所(大浜・湊・諏訪ノ森・浜寺)ありました。中でも全国に名を知られていた海浜リゾート地は浜寺でした。諏訪ノ森から浜寺公園にかけての一帯は、現在でも大仙公園周辺とともに「風致地区」に指定されています。浜寺の白砂青松にあやかって「新浜寺海水浴場」がかつて愛知県碧南市にありました。海岸が埋め立てられた今も「浜寺町」の地名が残っています。
また1960年代半ばに「南浜寺」とよばれる地名が泉大津市には存在していましたが現在では松之浜町となっています。この近くに助松海水浴場があり、「浜寺」ブランドにあやかった別荘地として知られた。現在は町割して区画整理された邸宅が建っています。60年代までは「山陰の浜寺」と呼ばれていたものが鳥取県米子市の皆生温泉です。米子市が大阪に近い海水浴場として「浜寺」がイメージされたもので、米子市が「山陰の大阪」と呼ばれていました。



浜寺水練学校

浜寺水練学校の開校は1905年にのぼります。毎日新聞社が浜寺海水浴場開設したと同時に海泳練習場として開校されました。歴史は106年を誇り、平泳ぎやクロール等の基本泳法と、日本泳法である能島流も指導しています。
日本のシンクロナイズドスイミング発祥の地である浜寺は、1950年代からシンクロを指導 していた。現在は浜寺公園プールを使用。



フェニックス通り

戦後復興のシンボルとして、フェニックスの木が道の真ん中に植えてあることからフェニックス通りと呼ばれるようになりました。国道26号の一部で道路は8車線あり日本の道100選のひとつとなっています。
戦前は幅約6m程度の小さな道でしたが、距離は全長約1.3km、幅約50mで大阪府堺市堺区の大浜北町と南安井町を結ぶ大通りとなっています。




counter