マンスリーマンション


佐賀は陶磁器の産地として有名です。農業は果樹農業や畜産が盛んです。「日本三大美肌の湯」とされる嬉野温泉は湯豆腐や嬉野茶でも有名で、武雄温泉は楼門と武雄温泉新館が国の重要文化財に指定されています。 そんな佐賀に当社では各路線近くにマンスリーマンションを設けています。お住まいを希望される場所を"地域"、"地図"、"路線"からご希望に有ったマンスリーマンションをご確認下さい。

佐賀県のお得なマンスリーマンションの情報を掲載中!



ポケットマンスリー

佐賀,鳥栖の新着特選マンスリーマンション情報!!

物件情報は随時更新中!
ミスタービジネスの佐賀県のマンスリーマンションにはテレビ・冷蔵庫からつま楊枝まで家具・家電付で生活備品全般を完備しています。マンスリーマンションはホテルにはない、ゆったりとした快適さで出張生活ができます。
マンスリーマンションの検索ならミスタービジネス
    新着物件はありません。

マンスリーマンションを地域から選択

登録物件はありません。

マンスリーマンションを地図から検索

登録物件はありません。

マンスリーマンションを沿線から選択

登録物件はありません。

佐賀県のマンスリーマンション取扱店情報

佐賀県のウィークリー、ビジネスホテル、旅館、ペンション情報

 
佐賀では只今マンスリー物件を募集中!!
詳しくは下記電話番号まで!
ミスタービジネスではマンスリー試泊説明会とビジネスセミナーを定期的に開催しております。
全国のネットワークから続々の成功事例やノウハウが満載。
システム、物件見学、キャッシュフローから法律まで、全てのノウハウを大公開。詳しくは下記電話番号まで!
フリーダイヤル:0120-302-190
こちらから資料が今すぐダウンロードできます

出張・転勤・社宅代行・リロケーション・中・長期滞在ならミスタービジネス

佐賀のタウン情報

佐賀空港(さがくうこう Saga Airport)

愛称は「有明佐賀空港」で、佐賀県などがこの名称を使用している。
有明海に面した干拓地に作られた佐賀県唯一の空港で、夜間貨物便が就航以後は、九州の空の物流拠点として高い存在感となっています。
佐賀空港からは福岡、熊本、長崎方面への道路アクセスが良好であり、2008年に有明海沿岸道路等の整備が完了した。
福岡空港の混雑緩和の目的や筑後地方の空の玄関口としての運用が期待されている。

佐賀城(佐賀市)

佐賀城は佐賀市の中心に位置し、明治時代初期に起こった佐賀の乱により大半の建造物は焼失し、鯱の門と続櫓のみが残っており国の重要文化財に指定されており、城郭の構造は輪郭梯郭複合式平城です。かつては幾重にも外堀を巡らし、城が攻撃にあった際に主要部以外は水没させ敵の侵攻を防衛する仕組みになっていた為に「沈み城」とも呼ばれました。

有田焼(有田町)

1977年(昭和52年)10月14日に経済産業大臣指定伝統工芸品に指定されました。
有田焼は、「古伊万里(こいまり)」とも呼ばれる佐賀県有田町を中心に焼かれる磁器である。古伊万里の名称は、有田焼積み出しの際、伊万里港からなされていたことによる。泉山陶石、天草陶石などを原料としているが、磁器の種類によって使い分けています。
作品は製造時期、様式などにより、古九谷様式、初期伊万里、金襴手、柿右衛門様式、などに大別される。また、これらとは別系統の、献上用の極上品のみを焼いた藩窯の作品があり「鍋島焼」と呼ばれています。

唐津焼(唐津市)

佐賀県唐津市で焼かれる陶器のことで古くから一楽二萩三唐津として茶器として名高い。唐津焼の歴史は古く17世紀前半までさかのぼります。
また分派の武雄古唐津焼と共に、日本の伝統的工芸品に指定されています。
唐津焼の特徴は李氏朝鮮(一説には、華南)から伝わったとされる伝統的な技法が今に根付いているところです。
特に蹴轆轤、叩き作りといった技法は古唐津から伝わる技法で、現在もこの製法を行っている窯があります。
窯は連房式登り窯という大がかりな窯を用いて、そこで1300度の高温で一気に焼き締めることにより非常に素朴で、それでいながら独特の渋みがある。

唐津くんち

唐津くんちはと、佐賀県唐津市にある唐津神社の秋季例大祭の事で笛・太鼓・鉦(かね)の囃子にあわせた曳子(ひきこ)たちの「エンヤ、エンヤ」「ヨイサ、ヨイサ」の掛け声とともに、旧城下町を練り歩く。「漆の一閑張り」という手の込んだ技法で製作された巨大な「曳山」(ひきやま)の製作費は現代の金額換算すると一億〜二億に昇るとも言われています。ちなみに「ヨイサ」の掛け声は4番曳山及び14番曳山のみ使われることが伝統になっています。現在は毎年11月2日夜の「宵曳山(よいやま)」に始まり、11月3日には神輿と曳山が御旅所に向かう「御旅所神幸(おたびしょしんこう)」、11月4日には神輿は加わらずに曳山だけが町内を巡行する「町廻り(まちまわり)」というスケジュールで営まれています。

サガン鳥栖

クラブの概要
ホームタウンは佐賀県鳥栖市。
1999年Jリーグ加盟。
練習会場、ホームスタジアム共に鳥栖スタジアム。
鳥栖スタジアム、佐賀県総合運動場陸上競技場、鳥栖市北部グラウンド、日本精工グラウンド、鳥栖陸上競技場、吉野ヶ里歴史公園、小郡運動公園など鳥栖市・佐賀市と、福岡県小郡市・うきは市のグラウンドも使用しています。
またかつては沖縄県総合運動公園陸上競技場を公式戦で使用したことがある(沖縄県初のJリーグ開催)。チーム名の「サガン」は、小さい砂粒が固まって砂岩になるように力を結集することを表すことや、イタリアを拠点とするユヴェントスに掛けてつけられたとされています。またサガン鳥栖のサガが「佐賀」にも通じています。


counter