出張生活

第1回 職場での初日

単身赴任だからこそ健康には気を配ろう

家族と一緒のときは、何か時を使ってくれる家族がいるため、それほど気を配ることもなかった、という人も多いかもしれません。

しかし、一人暮らしでは生活も不規則になりがちです。

健康を保つためには時勢と自覚を忘れずに過ごさなくてはなりません。

自分の身体は自分で守る

少々体調が思わしくなくても、仕事が忙しいからといってつい無理をしていませんか?

人目はごまかせても自分の身体に嘘はつけません。

後悔しないためにも身体が送ってくるサインは素直に受け止めましょう。まずは普段の自分の体調をきちんと把握することから始めてください。

Point1 定期健康診断を必ず受けよう

定期的に検診を受けることによって生じるメリットは二つあります。

一つは身体の状態がわかり、病気を未然に防ぐことが出来ること。そしてもう一つは仮に異常が発見されたとしても、早ければ早いほど完治する率が高いことです。

働き盛りの年齢に最も多発しやすいガン、心筋梗塞、胃潰瘍、高血圧症などの厄介な成人病から身を守るためにも30歳を過ぎたら年に一回の定期健診は習慣にしましょう。

企業に勤務していれば、会社の所属している健康保険組合が行っている検診、自営業なら国や地方自治体が行っている検診を受診することが出来ます。

Point2 常備薬を備えておこう

いつどんな時にケガや病気にあうかわかりません。

そこでそんな事態になっても慌てずに済むように自衛策を練っておきましょう。

そのためにもまずは一つ救急箱を用意してください。中には最小限必要な薬や器具を入れ、直射日光が当たらない湿気の少ない場所に保管しましょう。

時々中身を点検し、足りないものは補充しておきましょう。その際には薬などの期限の確認も忘れずに。

救急箱の中身例

備品類・・・包帯・ガーゼ・脱脂綿・ハサミ・ピンセット・毛抜き・綿棒・体温計・絆創膏

薬品類・・・消毒液・かゆみ止め・湿布薬・胃腸薬・頭痛薬・かぜ薬

全国のタウン情報&マンスリーマンション情報

■北海道東北地方
北海道 青森県 岩手県 秋田県 山形県 宮城県 福島県
■関東地方
東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
■中部地方
愛知県 静岡県 山梨県 長野県 岐阜県 福井県 石川県 富山県 新潟県
■近畿地方
大阪府 京都府 兵庫県 滋賀県 奈良県 和歌山県 三重県
■中国四国地方
鳥取県 島根県 山口県 広島県 岡山県 香川県 愛媛県 徳島県 高知県
■九州沖縄地方
福岡県 佐賀県 長崎県 大分県 熊本県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
■主要都市
札幌市 仙台市 さいたま市 千葉市 横浜市  川崎市 静岡市  名古屋市  京都市  大阪市 堺市 神戸市 広島市 北九州市  福岡市
■外国
韓国
サイトマップ