出張の心得

第1回 生活を充実させるためには?

ここでは単身赴任時の生活の心構えについてご説明します。

単身赴任ともなると、つい気も緩みがち。

でも、仕事を効率よくこなし、充実した出張生活を送るためには心構えが必要です。

誰も注意してくれないからこそ、しっかりとした気構えで仕事に臨みたいものです。

赴任先での仕事を充実させるには、まず生活から。

というわけで、以下に3つのポイントを記します。ぜひ、チェックしてください。

ミスタービジネス

Point1 リズムよい生活を

規則正しい生活は自己管理の第一歩。

慣れない一人暮らしで無理をすると、体調を崩す原因となります。

健康管理はちょっとした心がけ次第です。

睡眠・食事・運動のバランスに気をつけて自分の生活リズムを決めてください。

1.起床・就寝時間を決めよう!

起床・就寝時間はある程度一定させたほうがいいのです。その方が一日のリズムがつかみやすくなるからです。

忙しい毎日でしょうが、頑張って7〜8時間の睡眠時間を確保するよう心がけてください。

2.食事は決まった時間に!

一日三度の食事は健康的な食事法の原点です。

それらを決まった時間に食べると内臓が一定のリズムで動き、さらに健康維持へと繋がります。食事を抜いたり、過食などの不規則な食事法は病気を引き起こす原因となります。

3.生活の中にスポーツ時間を取り入れよう!

身体の機能や筋力は使わずにいると徐々に衰えていきます。

体力維持と健康のため、そしてストレス解消のためにも週2〜3回のスポーツを生活の中に取り入れましょう。

Point2 食事はバランスよく!

一人暮らしの食事は栄養のことを考えず、つい好物ばかりを食べてしまいます。そんな偏った生活を長期間続けていると体調を崩す原因になりかねません。

健康維持と病気予防のためにも、日頃からバランスよい食事に気を配ってください。

1.1日30品目を目標に食べよう

栄養バランスのとれた食事法とは、1日30品目の素材を目安に食事をすることです。

一回の食事でより多くの食品を摂取するように心がければある程度バランスよく食事がとれます。

2.活動量に合わせた食事を!

営業で外歩きが多い日と、デスクワーク中心の日とでは当然1日の運動量(=消費エネルギー量)は異なります。

活動量を意識しながらカロリー摂取量を調整しましょう。

3.朝食はしっかり食べましょう

朝食を抜くとイライラしたり、身体が疲れやすく集中力が欠けたりします。

脳と身体を活性化させるためにも朝食をとる習慣をつけましょう。

Point3 たくさんの友人を作ろう!

単身赴任先ではどうしても友人とのコミュニケーションが重要になります。

自分の悩みを相談できるような友人は、時としてよきアドバイザー、そしてストレスのはけ口にもなってくれるのです。

"仕事に専念すること"も大事ですが、友人作りも怠りなく!

1.すすんで挨拶をしよう!

挨拶は人間関係をスムーズにさせる潤滑油です。

相手から挨拶される前に、自分から積極的に声をかけてみましょう。気持ちのよい挨拶は好印象を与えます。

2.話を聞く余裕を持とう!

コミュニケーションを取る上で大事なことは、相手の話を真剣に聞くことです。

聞き上手な人ほど相手からの信頼度は高くなります。

3.お付き合いを大切に!

プライベートでのお付き合いは友情を深める最大のチャンスです。

毎回とはいいませんが、友人からの誘いは出来るだけ受けるように心がけましょう。

全国のタウン情報&マンスリーマンション情報

■北海道東北地方
北海道 青森県 岩手県 秋田県 山形県 宮城県 福島県
■関東地方
東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県
■中部地方
愛知県 静岡県 山梨県 長野県 岐阜県 福井県 石川県 富山県 新潟県
■近畿地方
大阪府 京都府 兵庫県 滋賀県 奈良県 和歌山県 三重県
■中国四国地方
鳥取県 島根県 山口県 広島県 岡山県 香川県 愛媛県 徳島県 高知県
■九州沖縄地方
福岡県 佐賀県 長崎県 大分県 熊本県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
■主要都市
札幌市 仙台市 さいたま市 千葉市 横浜市  川崎市 静岡市  名古屋市  京都市  大阪市 堺市 神戸市 広島市 北九州市  福岡市
■外国
韓国
サイトマップ