マンスリーマンション


大阪府はキタ(梅田や北新地)とミナミ(難波や心斎橋)に分かれています。キタは東京の様な町並みで、ミナミは大阪のイメージ通り活気有る町並みが続いています。 そんな大阪府に当社では各路線近くにマンスリーマンションを設けています。お住まいを希望される場所を"地域"、"地図"、"路線"からご希望に有ったマンスリーマンションをご確認下さい。

大阪府のお得なマンスリーマンションの情報を掲載中!

大阪,高槻,守口,和泉,門真,高石,岸和田の新着特選マンスリーマンション情報!!

物件情報は随時更新中!
ミスタービジネスの大阪府のマンスリーマンションにはテレビ・冷蔵庫からつま楊枝まで家具・家電付で生活備品全般を完備しています。マンスリーマンションはホテルにはない、ゆったりとした快適さで出張生活ができます。
マンスリーマンションの検索ならミスタービジネス

マンスリーマンションを地域から選択

マンスリーマンションを地図から検索

マンスリーマンションを沿線から選択

大阪府のマンスリーマンション取扱店情報

大阪府のウィークリー、ビジネスホテル、旅館、ペンション情報

 

出張・転勤・社宅代行・リロケーション・中・長期滞在ならミスタービジネス

大阪のタウン情報

食い倒れ人形
大阪府

近畿地方に属する県であり、近畿地方はおろか、西日本の文化・交通・行政・経済の中心的存在となっている大阪府。47都道府県のうち、2009年推計人口調べでは東京都、神奈川県に次ぎ日本第3位となる人口規模を誇り、人口密度においては東京都に次いで日本第2位を誇る。県内総生産も、東京都に次ぎ日本第2位である。
そして人口10万人以上の都市が全国の中では最も多い22市ある大阪府。
現在、大阪府には33市9町1村の計43の自治体がありこのうち、政令指定都市2市、中核市2市、特例市7市が含まれています。すべての「町」の読み方は「ちょう」と読む。村は千早赤阪村の1村のみである。

大阪名物

大阪は、全国的に有名なあの「たこ焼き」、「お好み焼き」を筆頭に、めずらしい鯨の肉が主食である「ハリハリ鍋」(鯨鍋)、高級魚の一つとして知られるフグをつかった「てっちり」(フグ鍋)、全国の焼肉屋にもよくあることで有名なホルモンを使ったホルモン焼、カニをしゃぶしゃぶ風に仕立てた鍋料理のカニすき、ご当地グルメの大阪寿司、モミジの木の一種である「おたふく葉」と言う紅葉の葉っぱを紅葉真っ盛りの時期に収穫し、塩漬けを1年間して天ぷらで揚げ砂糖を混ぜ甘味を引き出した、お菓子感覚でも食べられる「もみじの天ぷら」、江戸時代から泉州地域で栽培している茄子を使った、水茄子の浅漬けで有名な「水茄子」、蕎麦の中に抹茶を練りこんでいる箕面山瀧安寺の名物料理である「行者そば」、大阪では有名な素麺として定評のある、「河内そうめん」、その他うどんのほか郷土料理が満載の町です。

大阪の農産物

大阪府内には優れた栽培技術で伝統的に生産され、全国に誇ることができる農産物もたくさんあります。またJAグループと大阪府では、平成5年になにわの食文化に根差したこれらの農産物の中から、府内でまとまった生産量があり、独自の栽培技術で生産されている品目を「なにわ特産品」として選定もされています。

吉本興業(よしもとこうぎょう)

東証1 部、大証1部上場の日本最大手のプロモーター、テレビ番組製作会社、芸能事務所であり東京都千代田区と大阪府大阪市に本社を置く。正式名称は吉本興業株式会社で社長は吉野伊佐男。通称:「吉本」、「よしもと」等と言われている。吉本サイドでは2002年より、大阪本社を大阪本部、東京本社を東京本部と称している。 吉本興業は伝統ある日本最古の芸能プロダクションであり、 明治45年(1912年)4月1日の会社設立以来、約95年もの歴史を持ち、最も古い日本の芸能プロダクションである。

通天閣

「天に通じる高い建物」という意味がある「通天閣」を命名した人物は藤沢南岳という明治初期の儒学者である。 現在全国的に知られているのは二代目の通天閣であり、昭和31年の1956年に完成し、今もなお民間会社の通天閣観光株式会社が運営している。
塔自体の高さは100mあり、その高さは避雷針を含めると103mにもなります。設計者は、ほぼ同時期に完成した東京タワーなどの設計を手掛けた一流設計士の内藤多仲である。
完成翌年である昭和32年の1957年からは、総合電機企業の日立製作所が塔の側面に大きく広告を出すようになった背景には、その当時、地元の最大手電機企業である、三洋電機、シャープ、松下電器などに対抗して大阪に進出しようと目論んでいた日立側と、資金調達するため長期に渡り広告を出してもらえる大手企業を探していた通天閣観光株式会社側の思惑が双方合致したのが始まりとされる。

「くいだおれ」

山田六郎という人物が創業し開店し、「食い倒れの街・大阪」の基盤になっていた株式会社くいだおれは、有名なマスコットキャラクターである「くいだおれ太郎」のマネージメントを行う企業であり、閉店するまでは、くいだおれの飲食店及びそれを収容していたビルを経営し人気を博していた。「くいだおれ」は「食い倒れの街・大阪」等の表現で全国的に知られている言葉だが、屋号である「大坂の食い倒れ、京の着倒れ、江戸の飲み倒れ」という言葉自体には、「贅沢をする」や「こだわり」といった意味があり、また「大阪の人間は美食が過ぎて、京都の人間は着物道楽が過ぎて、江戸の人間は良い酒を飲み過ぎて財産を失う」といった江戸時代の地域性の特色を表現した慣用句による意味の言葉でもあります。そして大阪の街が「くいだおれ」という呼び名として定着した背景には、江戸後期にある博物学者が元禄時代の文献に「食は大坂である」ということを書いた後に、「くいだおれ」が使われ、今日における「食い倒れの街・大阪」としてのイメージに全国的に定着したようです。大坂府は昔、伏見・堺に住んでいた商人を集めて構成された、まさに日本の都市文化が集大成したような町として発展していき、江戸時代からは云わずと知れた、「天下の台所」という表現が使われるほど豊かな街として全国的に盛んな町となり今に伝わる。 そして豊かな商人が多いことから食材も豊かにそろっていった大阪の街は、食べることに関しては他どの町にも追随を許さない食の街としての文化が発展していき、今日における日本料理の技法においては、江戸時代に大坂で研究され、完成されたものなのです。

大阪が誇る町・道頓堀

道頓堀は大阪市中央区の町名である。
その歴史は江戸時代の初期に、自然の川を運河として整備しようと安井道頓という人物により手がけられ、道頓堀の町の発展がスタートしまして、 その当時から、江戸幕府が考案した都市計画により、道頓堀の南側を尻目に大坂中にある数多くの芝居小屋が集められ、末永く日本芝居の本場として栄えてきました。
そして芝居を見ようと大勢の客人が集まることにより食べ物屋が繁盛し始めました。
そして道頓堀は、たくさんいる大坂の町人の食い道楽を具現化できる食の街としても栄えてきました。

道頓堀川
道頓堀の代名詞でもある道頓堀川は、東横堀川と、大阪府大阪市を流れる木津川を結ぶ全長約2.5kmの運河である。日本プロ野球リーグに所属する阪神タイガースが優勝した際に、数え切れないほど数多くのチームのファン達が、優勝したことによる喜びから来るのか、はしゃぐために飛び込む川として全国的に知られている。


counter