マンスリーマンション


大分では別府温泉をはじめ由布院温泉など有名です。「血の池地獄」「海地獄」「龍巻地獄」「白池地獄」の四地獄は国の名勝にも指定されております。名産は椎茸、かぼす水産物は臼杵ふぐなどあります。 そんな大分に当社では各路線近くにマンスリーマンションを設けています。お住まいを希望される場所を"地域"、"地図"、"路線"からご希望に有ったマンスリーマンションをご確認下さい。

大分県のお得なマンスリーマンションの情報を掲載中!

大分,別府,杵築の新着特選マンスリーマンション情報!!

物件情報は随時更新中!
ミスタービジネスの大分県のマンスリーマンションにはテレビ・冷蔵庫からつま楊枝まで家具・家電付で生活備品全般を完備しています。マンスリーマンションはホテルにはない、ゆったりとした快適さで出張生活ができます。
マンスリーマンションの検索ならミスタービジネス

マンスリーマンションを地域から選択

マンスリーマンションを地図から検索

マンスリーマンションを沿線から選択

大分県のマンスリーマンション取扱店情報

大分県のウィークリー、ビジネスホテル、旅館、ペンション情報

出張・転勤・社宅代行・リロケーション・中・長期滞在ならミスタービジネス

大分のタウン情報

大分空港

2006年3月の新北九州空港開港により、日豊本線沿線自治体(中津市、豊前市など)から東京国際空港へ向かう場合、大分空港を利用するよりも、運賃、便数のほか、距離や時間面でも新北九州空港のほうが便利になります。
また新北九州空港は24時間運用を行うことから、東京国際空港行きの深夜便が就航しており、大分市内からでもJR九州の特急ソニックなどを利用することで、計算上、最大で3時間滞在時間を延ばすことが可能となっています。
大分空港は大分県国東市にある第二種空港。滑走路長3,000m。

中津城(中津市)

大分県中津市二ノ丁1273にある中津城は、黒田孝高が、豊臣秀吉より豊前6郡を拝領し、豊前海に臨む山国川河口の地に1588年に築城したのが始まりです。
後に細川忠興が大修築し、小笠原氏、奥平氏の居城となりました。
当時の中津城は、北部九州の雄藩にふさわしい威容を誇り、城内の形状が扇形をした地形から扇城とも呼ばれていました。現在ある天守は、本丸隅櫓跡を利用して昭和39年に奥平氏の子孫が建造した模擬天守で、外観は萩城天守を模してあり、鉄筋コンクリート造の五層五階の天守と復興された二層の櫓が併設しています。
もともと中津城に天守が存在したかどうかについては肯否両論あったが、貝原益軒や司馬遼太郎が、中津城には天守がなかった旨を記して以降、天守は存在しなかったとの説が通説となっていましたが、黒田時代の絵図には天守とも思われる三層の櫓が描かれており、未だ真偽の程は定かにはなっていませんが、細川の時代に、中津と小倉の二城を存続するために、幕府に遠慮して天守、若しくは天守に相当する建物を取り壊したとの説が近年は有力になっています。

由布院温泉

由布院温泉は大分県由布市湯布院町にある温泉。
すぐそばに標高1584mと大きく聳える由布岳の恵みを受けた豊富な湯量を誇ります。
かつてはひなびた温泉で団体観光客向けの大型ホテルや歓楽街は整備されていなかったが、それがプラスに転じました。昭和40年代から町ぐるみで毎年夏に音楽祭や映画祭を開催し、歓楽色を排して女性が訪れたくなるような環境整備を続けてきました。
バブル期の大型開発計画には適正な規模や景観を守るため抵抗し、人気の過熱が続く現在も、温泉のあり方についての模索が続いている。


counter