ミスタービジネス事業本部よりお知らせ
岩手県内では入居予約、または救援用のマンスリーを受け付けております。
詳しくはフリーダイヤル0120-302-190までお問合せ下さい。
マンスリーマンション


岩手には北海道の次に大きな都道府県です。「銀河鉄道の夜」や「注文の多い料理店」など名作で有名な宮沢賢治の故郷としてもしれれています。 そんな岩手に当社では各路線近くにマンスリーマンションを設けています。お住まいを希望される場所を"地域"、"地図"、"路線"からご希望に有ったマンスリーマンションをご確認下さい。



ポケットマンスリー

岩手県のお得なマンスリーマンションの情報を掲載中!

岩手,盛岡,北上,一関の新着特選マンスリーマンション情報!!

物件情報は随時更新中!
ミスタービジネスの盛岡を始めとする岩手県のマンスリーマンションにはテレビ・冷蔵庫からつま楊枝まで家具・家電付で生活備品全般を完備しています。マンスリーマンションはホテルにはない、ゆったりとした快適さで出張生活ができます。
マンスリーマンションの検索ならミスタービジネス
    新着物件はありません。

マンスリーマンションを地域から選択

マンスリーマンションを地図から検索

マンスリーマンションを沿線から選択

岩手県のマンスリーマンション取扱店情報

岩手県のウィークリー、ビジネスホテル、旅館、ペンション情報

 

出張・転勤・社宅代行・リロケーション・中・長期滞在ならミスタービジネス

岩手のタウン情報

新日本製鐵釜石製鐵所

会社名、事業部名の正式名称は共に新日本製鐵株式會社棒線事業部釜石製鐵所。
所在地は岩手県釜石市鈴子町にあります。過去の新日本製鉄八幡ラグビー部は日本選手権の7連覇を果たし活躍した事が有名である。

NHK連続ドラマ

都会育ちのヒロイン・夏美が岩手県の名門旅館に飛び込んで格式や伝統の違いを乗り越え、困難に負けずに成長していく様子を描いた、涙あり笑ありの『女将奮闘記』です。
民話の最後によく使われるめでたしめでたしを方言で「どんどはれ」と言うことから名前が付きました。
民話では、人間本来の感情をむき出しにしてぶつかり合うことで「どんと晴れ」が訪れます。ヒロイン・夏美の行く先々で困難がたくさん待ち受けています。困難に負けなヒロインの活躍が、豊かな伝統と雄大な自然を舞台に、民話のエピソードを象徴的に絡めて描かれ、様々な困難とぶつかり合いながらも周りを明るく照らすような夏美の頑張りによって、最後は「どんど晴れ」を迎えるのです!

南部鉄器

約400年前から作り始められたと言われる南部鉄器は、全国で第1号の伝統的工芸品として指定を受けた、伝統あり代表的な工芸品になります。国の伝統的な工芸品に指定されたのは昭和50年2月で、造型美に優れており湯釜や鉄瓶は伝統茶と抜群の相性を持ちます。
またフライパンや、澄んだ音色の風鈴なども親しまれています。

いわて純情米

良質な土壌と温和な気候で育った「ひとめぼれ」と、オリジナルの米である「かけはし」は米粒が一粒一粒大きく冷めた後も味が落ちにくいことから寿司との相性がいいとされています。これらは岩手の大地だからこそ出来た事で何と言っても自慢はおいしさです。

小岩井乳製品

小岩井農場から生み出される乳製品のことです。農地の規模は我が国最大の民間農場で岩手山麓に広がる。歴史は長く、100年になる岩手を代表する名産品となっています。

前沢牛・いわて短角和牛

大きな農場の中で飼育者に熱心に飼育され、上質なバランスで最上級の霜降り肉と呼び名が高く過去に8度も日本一に輝いた「前沢牛」。
そして前沢牛とは違いたっぷりと運動して健康に育った脂が少なくカロリーも控えめでの「いわて短角和牛」。ふたつはどちらとも岩手県代表の食の芸術品となっています。

遠野市民話通り

JR遠野駅前広場から市立鍋倉公園までの通りのあちこちに民話・童話に関するオブジェが設置されていて道行く人を楽しませてくれます。遠野物語の主人公や親指姫・ジャックと豆の木桃太郎の童話の主人公のブロンズ像が建てられてあります。
代表的なオブジェは、天人児・カッパや雪女等があります。

宮沢賢治イーハトーブ館

宮沢賢治に関するさまざまなジャンルの芸術作品で、岩手県花巻市にあり、研究論文を数多く収集し分かりやすく整理したものを一般に公開しています。宮沢賢治作品の愛好者、研究者の集まりである「宮沢賢治学会イーハトーブセンター」の本部があります。

中尊寺

岩手県西磐井郡平泉町にある天台宗・東北大本山の事で山号を関山といい、また慈覚大師を開山とします。中尊寺は2011年6月に世界文化遺産登録に登録されました。12世紀のはじめには、奥州藤原氏の初代清衡公が多宝塔や二階大堂など多くの堂塔を造営しました。その趣旨は前九年役・後三年役という長い戦乱で亡くなった人々の霊を鎮魂させ、仏国土を建築するものでした。惜しくも堂塔は14世紀に焼失しましたが、いまなお金色堂はじめ3000点余りもの、国宝や重要文化財を伝える平安美術の宝庫となっております。

岩手県の総面積で全国2位ですが、可住地面積割合が24.3%(全国40位)と低いため、可住地面積では全国で5位に下がる。こちらは都道府県の面積一覧を見るとわかる。可住地は、北上川流域の北上盆地、北上山地内の小盆地、三陸海岸沿岸部などに大きく分かれています。県の総人口約140万人の内、北上盆地には約100万人が住んでいます。東北自動車道や東北新幹線等の高速交通インフラが発達しているのに対して、その他の地域は高速交通インフラが未だ発達されておらず、地域の移動は国道又は在来線レベルにまでしか達していません。特に、北上高地内小盆地と北上盆地との間には、トンネルなどの整備が進んでおらず、国道または県道には急峻な峠を九十九折に上り下りする道となっていて、直線距離と時間距離の間が大きく違うという問題があります。このような問題は、陸路で繋がれながらも沖縄県と相似していて、北上盆地が沖縄本島で小盆地や沿岸部が離島と対比することが出来ており、救急医療においてはヘリコプターでの輸送も行われています。


counter