マンスリーマンション


石川は単作地帯の早場米で知られ、コシヒカリの生産地で知られる。また、砂浜地帯ではスイカ、ブドウなどが栽培され漁業も盛んである。金沢市にある兼六園は日本三名園の一つにしてされています。 そんな石川に当社では各路線近くにマンスリーマンションを設けています。お住まいを希望される場所を"地域"、"地図"、"路線"からご希望に有ったマンスリーマンションをご確認下さい。

石川県のお得なマンスリーマンションの情報を掲載中!

石川,金沢の新着特選マンスリーマンション情報!!

物件情報は随時更新中!
ミスタービジネスの石川県のマンスリーマンションにはテレビ・冷蔵庫からつま楊枝まで家具・家電付で生活備品全般を完備しています。マンスリーマンションはホテルにはない、ゆったりとした快適さで出張生活ができます。
マンスリーマンションの検索ならミスタービジネス
    新着物件はありません。

マンスリーマンションを地域から選択

マンスリーマンションを地図から検索

マンスリーマンションを沿線から選択

石川県のマンスリーマンション取扱店情報

石川県のウィークリー、ビジネスホテル、旅館、ペンション情報

 

出張・転勤・社宅代行・リロケーション・中・長期滞在ならミスタービジネス

石川のタウン情報

石川県

石川県は、北陸地方の県で県域は令制国の加賀国と能登国にまたがる場所に位置します。江戸時代には前田家の加賀藩百万石となり、日本三名園の一つである兼六園が造営され、加賀友禅や備前焼等多くの伝統工芸が発達した地でもあります。

産業

金沢平野は単作地帯の早場米で知られ、コシヒカリの有力な生産地として知られています。砂丘地帯ではスイカ、ブドウ、サツマイモ、ナシが栽培されており、 漁業はブリ、イワシ、イカ、アジなどの漁獲が多く、江戸時代は金沢藩のころから繊維工業が盛んであったが、安価な輸入製品に代替され、現在少々伸び悩んでいます。
それに代わって、織機から発達した特色ある機械工業や、コンピュータ関連などの電機工業が盛んである。

伝統産業では、輪島塗、九谷焼、山中塗、金箔などが有名です。

輪島港は、石川県輪島市の河原田川河口に位置する港湾で港湾管理者は、地方港湾・避難港に指定されています。


沿革

近世からは北前船の寄港地として栄え、中世には、廻船式目において三津七湊の七湊の一つに数えられていました。
日本海を航行する船舶にとって、能登半島沖は通過が困難な難所であり、能登半島の先端に近い輪島港は寄港地・避難港として適していた為、昭和26年(1951年)には避難港に指定されました。昭和28年から防波堤の建設が始まり、以後現在でも防波堤及び泊地の建設が続いています。

兼六園

兼六園は石川県金沢市にある日本庭園です。
広大江戸時代を代表する池泉回遊式庭園としてその特徴をよく残している。
そして広さは約3万坪と広大な庭園で国の特別名勝に指定されています。水戸市の偕楽園、岡山市の後楽園と並んで、日本三名園の一つに指定されています。
金沢市の中心部に位置しており、旧百間堀を道路とした百間堀通り(百万石通り)を橋で渡ったところの石川門から、金沢城を復元中の金沢城公園へと続いています。

1871年7月14日の明治維新後、廃藩置県で金沢県と大聖寺県が成立したのちの、同年11月20日、金沢県と大聖寺県を廃止。改めて、能登地方に七尾県を、加賀地方に金沢県を置く事になりました。

明けて1872年2月2日に、金沢県庁を石川郡美川町(現在・白山市)に移し、この地名より石川県と名前が変わりました。県庁の移設は、旧加賀藩の影響力を弱めるための時の政府の方策と考えられていたが、公式には金沢では県域の北に寄りすぎであるためという理由だった。
同年1872年9月25日に七尾県から石川県に併合されました。これにより、先の県庁移転の根拠が消滅し翌1873年に再び県庁は金沢に移転しましたが、石川県の名称はそのままとなった。
その後1876年に当時の新川県(現在の富山県にほぼ相当)、敦賀県(現・福井県)の嶺北地域を編入し、富山と福井に支庁を置く事になるが、1881年に福井県と、その2年後の1883年に富山県が、それぞれ分離して現在の県域となりました。


counter