マンスリーマンション
土浦市
土浦駅
>>物件詳細


茨城の東は漁業、内陸部では農業が行われています。また、南部では筑波研究学園都市やつくばエクスプレスの整備などで他県とは違う特色が有ります。 そんな茨城に当社では各路線近くにマンスリーマンションを設けています。お住まいを希望される場所を"地域"、"地図"、"路線"からご希望に有ったマンスリーマンションをご確認下さい。

茨城県のお得なマンスリーマンションの情報を掲載中!

茨城,水戸,つくば,土浦,日立,ひたちなか市,東海村,勝田,那珂市,常総市の新着特選マンスリーマンション情報!!

物件情報は随時更新中!
ミスタービジネスの茨城県のマンスリーマンションにはテレビ・冷蔵庫からつま楊枝まで家具・家電付で生活備品全般を完備しています。マンスリーマンションはホテルにはない、ゆったりとした快適さで出張生活ができます。
マンスリーマンションの検索ならミスタービジネス

マンスリーマンションを地域から選択

マンスリーマンションを地図から検索

マンスリーマンションを沿線から選択

茨城県のマンスリーマンション取扱店情報

茨城県のウィークリー、ビジネスホテル、旅館、ペンション情報

出張・転勤・社宅代行・リロケーション・中・長期滞在ならミスタービジネス

茨城のタウン情報

茨城県/県名の由来

県名は廃藩置県後に行われた県の統合の際に、茨城郡の水戸に県庁の置かれたためその郡名が採用されました。
茨城という名は、一説に、賊を討つために茨の城(柵)を築いたことに由来するという説や、野原にイバラが茂った原野が多かった等の説があります。読みについては、カ行音が濁音化する茨城方言の特徴もあり、「いばらぎ」と認識される場合も多いが、日本語として正しい読み方は大阪府茨木市同様で「いばらき」としている。
また茨城県のモチーフがバラとなっています。

筑波山

美しい姿から富士山とも対比され、「西の富士、東の筑波」と並び称されることが多く。古くは万葉集にも詠まれた名山で、日本百名山の一つに挙げられています。ただし百名山のなかでは最も標高が低い。雅称では紫峰(しほう)と呼ばれ。異称として、筑波嶺(つくばね)ともいう。独立峰と誤解されがちだが、実際には阿武隈高地山系の最南端に位置しています。また、山全体を見ると、石岡市、桜川市にもまたがっている。
西側に位置するのは標高871mの男体山と東側に位置する標高877mの女体山からなる。男体山及び女体山山頂には筑波山神社本殿があり、山腹に筑波山神社拝殿がある。古くからの信仰の場であり、常陸国風土記には筑波山の神が登場する。また、隣接して坂東25番札所の筑波山大御堂もある。またガマの油売りの口上でも有名です。
山頂付近は自然公園法に基づく特別保護地区に指定されており、樹木の損傷・植栽、動植物の捕獲・採取、たき火などする行為が禁止されている。
関東平野の北東部に位置していることと、関東平野では希有な独立峰的な山であることから、気象観測の上でも重要な拠点とされてきました。また、同じ理由で山頂付近には数多くのアンテナが存在します。

つくばエクスプレス

つくばエクスプレス線は、東京都千代田区の秋葉原駅と茨城県つくば市のつくば駅を結ぶ、首都圏新都市鉄道(MIR)の鉄道路線である。
首都圏新都市鉄道による旅客案内は「つくばエクスプレス」に統一されており、会社名は会社そのものを指す時以外では基本的に使用されません。この点は鹿島臨海鉄道大洗鹿島線や、愛称名ではあるが名古屋臨海高速鉄道の「あおなみ線」とほぼ同じです。なお、「つくばエクスプレス」は一般公募による名称で、最多応募は「つくば線」でした。
略称のTXは「Tsukuba Express」から採られている。同路線内においてロゴマークとしても多用されている公式の略称であるが、路線名の文字数が長いため、「つくばEX」や「つくばEXP」といった独自の略記述も各新聞の記事で見られます。
水戸納豆は、納豆のブランド名で、今日の主流である小粒大豆を使用したのが特徴でその名声は「口コミ」で広まりました。
伝統的家内工業ではなく近代的食品工業として製法を確立し、「水戸納豆」は全国的に有名な納豆となりました。

神栖市

神栖市は、茨城県の最東南端に位置する市で、隣接する鹿嶋市とともに鹿島臨海工業地帯を形成する。
2005年8月1日に鹿島郡神栖町が、隣接する同郡波崎町を編入・市制施行したことで誕生しました。鹿嶋市・潮来市・鉾田市・行方市とともにJリーグ鹿島アントラーズのホームタウンとなっています。
以前は農業と漁業が中心の貧しい地域であったが、1960年に始まった鹿島開発によって、世界的にも珍しい掘込式人工港「鹿島港」を核に鉄鋼・石油を中心とした重化学コンビナートの街として発展しました。工場立地企業からの税収により財政は豊かで、福祉が充実しており県外からの転入者も多くなっています。

旧波崎町地区

旧波崎町地区は東京から比較的近く、太平洋に面し夏涼しく冬温暖な気候であることからアウトドアスポーツを観光の中心に据えており、海水浴(波崎海水浴場は環境省の「快水浴場百選」に選定されています。)、サーフィン等のマリンスポーツからサッカー、テニス、トライアスロンにいたるまで幅広いスポーツが楽しめる。特に民間のサッカーグラウンドは70面以上有しており、サッカー合宿のメッカとして全国的に有名な事で知られています。

阿字ヶ浦海水浴場

阿字ヶ浦海水浴場は茨城県ひたちなか市阿字ヶ浦町にある海水浴場。
おおよそ1.5キロにわたる緩やかな海岸線が美しい海水浴場で、かつてから風光明媚な砂浜は、東洋のナポリと呼ばれていましたが、近年海岸が侵食傾向となり、砂浜部分が狭くなってきています。なお、近隣の阿字ヶ浦駅構内には、鉄道車両の廃車体が置かれ、夏の海水浴客の臨時更衣室となっていたが、2009年3月25日に撤去・解体されました。


counter