マンスリーマンション

ポケットマンスリー


広島は国際平和文化都市として世界的にも知名度が非常に高く、原爆ドームなどの世界文化遺産も有ります。食文化では広島風お好み焼きなど有名です。 そんな広島市に当社では各路線近くにマンスリーマンションを設けています。お住まいを希望される場所を"地域"、"地図"、"路線"からご希望に有ったマンスリーマンションをご確認下さい。

広島市,中区,南区,西区,東区の新着特選マンスリーマンション情報!!

物件情報は随時更新中!
ミスタービジネスの広島市を始めとする広島県のマンスリーマンションにはテレビ・冷蔵庫からつま楊枝まで家具・家電付で生活備品全般を完備しています。マンスリーマンションはホテルにはない、ゆったりとした快適さで出張生活ができます。
マンスリーマンションの検索ならミスタービジネス

マンスリーマンションを地域から選択

マンスリーマンションを地図から検索

マンスリーマンションを沿線から選択

広島県のマンスリーマンション取扱店情報

広島県のウィークリー、ビジネスホテル、旅館、ペンション情報

 

出張・転勤・社宅代行・リロケーション・中・長期滞在ならミスタービジネス

広島市のタウン情報

広島市

四国・中国地方では第一の都市となります。
明治時代から第二次世界大戦終了までは軍事都市で江戸時代には広島藩の城下町でした。
現在は東京特別区を含めて全国第11番目の人口で広島県の県庁所在地において、政令指定都市となっています。
場所は広島市を中心とした広島都市圏の中心を形成し山陽地方のほぼ中南部に位置しております。
北九州と畿内のほぼ中間に位置しているため、中国地方や中国・四国地方を統括する政府機関や、全国規模の展開をしている企業の地方拠点も多く置かれています、又、西日本有数の工業都市であり、沿岸部は工業地帯となっている。

地元で効率よくまとめようとする傾向が目立つとも言われていますが、広島経済の堅実さの表れでもあります。また地場資本も比較的強い方であり、製造業の本社・本部が多く置かれています。
近年、郊外に人口流出も引き続いて見られる一方で、中区の人口密度が地方圏の中で最も高くなり、都心部での人口増加が著しく進んでいます。
平和大通りには80mを超える高層ビルが相次いで建設され、政令指定都市の中でも有数の「高層ビル街」であった平和大通りはさらなる変貌を遂げつつあるのです。
緑井や宇品など、段原などでも開発が行われ、商工センターや西風新都と併せて、副都心としての機能をさらに蓄えつつあります。 今建設中の広島高速道路などと合わせて、広島市は大きく変わりつつある。

拠点性

広島市は、中国地方あるいは中国・四国地方を管轄する国の出先機関や企業の支社が集中し、地方内で最も高い拠点性を有することから、七大都市圏の1つに数えられており、支店経済都市の1つとなっています。
ただし、中国地方を1つの地方区分とする場合は、広島市がほぼ全ての拠点機能を独占しているのに対し、中国・四国地方を1つの地方区分とする場合は、東瀬戸経済圏の中心都市・岡山市に地方拠点(企業の地方支社や農業・環境系の国の出先機関)を置く場合や、大阪市の拠点が中国・四国・近畿をまとめて管轄する場合、福岡市や北九州市の 拠点が山口県西部地区を管轄する場合もあり、広島市が拠点性を独占するまでには至っていません。

中国・四国地方を1つの営業エリアとする企業に限ってみると、広島市を拠点とする割合は、2005年12月末時点では、77.1%に留まっています。これに対し札幌市、仙台市、福岡市は地方拠点をほぼ100%に近い値で独占しています。
この地方では、主に工業を中心とした有力企業が瀬戸内工業地域内の各地に分散立地し、地域圏ごとの工業出荷額に応じて業務機能や都市機能が分散して、人口集積や第三次産業において抜きん出た都市圏、すなわち、プライメイトシティが作られませんでした。
また、九州北部と京阪神の二つの地域に挟まれる形の地勢も影響して、広島市のテレビ局制作のブロックネットが少なく、広島市を中心とした地方としての一体感が醸成されなかったのです。
そのため、七大都市圏の中心都市の比較では、卸売りおよび小売の年間販売額において6番目となっているが、ほぼ同じ面積の中国地方と南東で比べると、中国地方の中心都市・広島市の年間販売額は、南東北の中心都市・仙台市をやや上回っている程度で、南東北とほぼ同じ域内人口・域内GDPの北海道の中心都市・札幌市からはやや水をあけられており、広島市は、背景人口・GDPの大きさの割に地方全体に対する流通・小売の抜きん出た中心とはなっていません。
国土交通省の調査においても、広島を最大志向先とする高速道路流動は、鳥取西部、島根、岡山、山口東部であり、鳥取東部は大阪を、山口西部は福岡をそれぞれ志向し、実際の中国地方の範囲よりも小さくなっている。 このように、地方全域から見た広島市は必ずしもプライメイトシティとなっていません。
しかし、「日本の縮図」という語に代表されるように、平均的な人口世代分布を持ち、経済・社会・文化・商業・工業の様々な要素をバランスよく保持した「万能型都市」となっているのが特徴となっており、全国発売前の新商品の試験販売が行われる都市としても有名となっています。


counter