マンスリーマンション



愛知県はトヨタ自動車など多くの産業が盛んな県です。歴史をさかのぼると歴史上の重要人物「織田信長」、「豊臣秀吉」、「徳川家康」などの出身地は愛知県です。また名古屋の食文化も独自の路線を突き進み「味噌煮込みうどん」や「名古屋コーチン」、「味噌カツ」なども有名です。そんな愛知県に当社では各路線近くにマンスリーマンションを設けています。お住まいを希望される場所を"地域"、"地図"、"路線"からご希望に有ったマンスリーマンションをご確認下さい。

愛知県のお得なマンスリーマンションの情報を掲載中!

愛知,名古屋,岡崎,豊田,刈谷,安城,小牧,知多の新着特選マンスリーマンション情報!!

物件情報は随時更新中!
ミスタービジネスの愛知県のマンスリーマンションにはテレビ・冷蔵庫からつま楊枝まで家具・家電付で生活備品全般を完備しています。マンスリーマンションはホテルにはない、ゆったりとした快適さで出張生活ができます。
マンスリーマンションの検索ならミスタービジネス

マンスリーマンションを地域から選択

マンスリーマンションを地図から検索

マンスリーマンションを沿線から選択

愛知県のマンスリーマンション取扱店情報

愛知県のウィークリー、ビジネスホテル、旅館、ペンション情報

 

出張・転勤・社宅代行・リロケーション・中・長期滞在ならミスタービジネス

愛知のタウン情報

愛知

愛知県は愛西市、愛知郡、海部郡、安城市、一宮市、稲沢市、犬山市、岩倉市、大府市、岡崎市、尾張旭市、春日井市、刈谷市、蒲郡市、北設楽郡、北名古屋市、清須市、江南市、小牧市、新城市、瀬戸市、高浜市、田原市、知多郡、知多市、知立市、津島市、東海市、常滑市、豊明市、豊川市、豊田市、豊橋市、名古屋市熱田区、名古屋市北区、名古屋市昭和区、名古屋市千種区、名古屋市天白区、名古屋市中川区、名古屋市中区、名古屋市中村区、名古屋市西区、名古屋市東区、名古屋市瑞穂区、名古屋市緑区、名古屋市港区、名古屋市南区、名古屋市名東区、名古屋市守山区、西尾市、西春日井郡、西加茂郡、日進市、丹羽郡、額田郡、幡豆郡、半田市、碧南市、宝飯郡、弥富市で構成された47都道府県のうちの一つです。

経済
愛知県は、トヨタ自動車を筆頭に自動車関連企業が数多く存在することで有名である。トヨタ自動車の設立は1937年であるが、自動車産業が本格的に発展したのは高度経済成長期以降のことで、比較的最近になって発達した産業である。
中京工業地帯の中心として工業は全般に活発で、製造品出荷額(2003年)は35兆4837億円で27年連続で全国1位を誇る。
愛知県は2005年に愛・地球博と中部国際空港開港という二大事業があり、東海環状自動車道、伊勢湾岸自動車道、愛知高速交通東部丘陵線(リニモ)などインフラの整備が急速に進んだ。
名古屋城(なごやじょう)は、尾張国愛知郡名古屋にあった城郭。尾張徳川家17代の居城。金鯱城、金城ともいう。城址は、現在の愛知県名古屋市中区・北区の名城公園。
伊勢音頭にも「伊勢は津で持つ、津は伊勢で持つ、尾張名古屋は城で持つ」と歌われ、大坂城、熊本城とともに日本三名城に並び称される名城である。天守に取り付けられた金の鯱(金鯱(きんこ))は、城だけでなく名古屋の町の象徴にもなっている。城地は織田信長誕生の城とされる今川氏・織田氏の那古野城(なごやじょう)の故地で、この城はのちの名古屋城二の丸の位置にあったとされる。

金鯱に関するエピソード
名古屋と名古屋城のシンボルである金鯱には、いろいろなエピソードがある。
  • 初めて作られた金鯱は、一対で慶長大判1940枚分の金を使用していた。重量にして約320kgである。ところが、その後の藩財政の悪化により、都合3回にわたって金箔の改鋳を行って金純度を下げ続けた。そのため、最後には光沢が鈍ってしまい、これを隠すため金鯱の周りに金網を張り、カモフラージュした。この金網は、表向きは鳥避けのためとされ、戦災により焼失するまで取り付けられていた。
  • 金鯱は海を渡ったことがある。明治4年(1871年)に政府に献納され、東京の宮内省に納められた。その後、雄鯱は国内の博覧会を巡り、雌鯱は明治6年(1873年)のウィーン万国博覧会に出品された。金鯱が大天守に戻ったのは明治12年(1879年)2月である。
  • 金鯱の鱗の盗難事件は何度も発生している。江戸時代、大凧に乗って金鯱に近づこうとした柿木金助(かきのききんすけ)の伝説が有名であるが、金助は実在の泥棒である。明治以降では3回発生し、犯人はいずれも盗んだ鱗を鋳潰して売却しようとして逮捕されている。ただし、3回目の事件のときは下賜記念事業中だったため、当時の名古屋市長が引責辞任する事態となった。
  • 焼夷弾で焼失した金鯱の残骸は、戦後GHQに接収され、のち大蔵省に移ったが、昭和42年(1967年)に名古屋市に返還された。名古屋市は残骸から金を取り出し、名古屋市旗の冠頭と、金茶釜に加工して保存している。
  • 現在の金鯱は大阪造幣局で復元された。一対に使用された金の重量は88kgである。
名古屋コーチン
(なごや - )とは日本家禽協会が、明治38年に認定した鶏の品種。大正8年に洋鶏の遺伝子を導入して改良(=育種)された品種が再固定されて名古屋種と改名した。しかし、通称は「名古屋コーチン」のままで流通している。
登録商標の「純系名古屋コーチン」は、愛知県畜産総合センター種鶏場から供給された種鶏から、名古屋コーチン普及協会の会員が、名古屋周辺地域で生産した名古屋コーチンの肉・卵だけに許された呼称。従って、愛知県特産の肉用品種である。
卵をよく産み、肉もおいしい「卵肉兼用種」に分類されている。現代では高級食材となり値段が高い。

味噌煮込みうどん
名古屋圏で多く製造され消費される豆味噌は、他地域の麦味噌米味噌にくらべ、煮込んだ際に風味が落ちにくく、そのため味噌をベースにした料理が多い。味噌煮込みうどんもその一つである。
鰹節の出汁を効かせた豆味噌(八丁味噌など)仕立ての濃い汁と、生地に塩をいれず小麦粉と水だけで作られる極めてコシの強い麺が特徴である。 太くて固い麺は「生煮え」「芯が残っている」と敬遠されることもあるが、最近では全国的にも名が知れ、その味も認知されて好まれるようになってきている。
一人前用の小さな土鍋でうどんを煮立てて、熱い土鍋をそのままに食卓に出され、すいとんやほうとうなどと同じく、つゆや汁を別に作らずに、うどんを煮た汁はそのままの状態で食べる。
味噌煮込みに用いられる土鍋の蓋は空気孔がなく、煮ている最中には使わない。この蓋は食卓に出される直前に土鍋にかぶせられ、食事が始まるまで保温の役割を果たす。そして、食事が始まると、この蓋を小皿代わりにしてうどんとその汁を蓋によそって冷ましながら食べるのである。このため普通の土鍋の蓋のように空気孔があると汁が漏れ、食べにくくなってしまう。

用いられる具としては鶏肉、月見卵、ネギ、椎茸、餅などが一般的である。麺にはきしめんの麺を使用する場合もある。白飯と一緒に食べることも珍しくなく、また余った汁を米と一緒に炊き、おじやとする場合もある。
味噌仕立ての煮込みうどんは日本各地にあり、味噌煮込みうどん・田舎煮込みうどん・田舎風味噌煮込みうどん等と呼ばれている。しかし、それらは米味噌である白味噌ベースで作られており、赤みの強い八丁味噌などの豆味噌を使用するのは、概ね名古屋圏のみである。通常、味噌煮込みと言う場合は名古屋周辺の味噌煮込みうどんを指す。インスタント食品として袋に入った味噌煮込みうどんやカップ麺なども販売されている。
なお、一部テレビ局などでは「名古屋名物の味噌うどん」と表記しているケースもある。(商標上の兼ね合いとの説もある)

『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用

counter